中古ドメインのメリット・デメリット

Webサイトを運営する場合、必ずドメインの取得が必要となります。その際に、新しいドメインを作成するのではなく、過去に運用されていた「中古ドメインを使う」方法があります。

中古ドメインがそもそもどんなものなのか、またメリットやデメリットについて詳しく解説しています。

前提:中古ドメインとは?

中古ドメインとは、過去に運用されていた履歴のあるドメインのことです。対して、新たに発行されたドメインのことを新規ドメインといいます。

利用しなくなったドメインを運用者が契約更新しないまま一定期間を超えると、他のユーザーが新たにそのドメインを購入できるようになります。

中古ドメインを使う場合は、そのドメインへの検索エンジンからの評価がそのまま引き継がれます。そのため、過去の運用状況が良くも悪くも新しいサイトに影響を及ぼします。

中古ドメインは法人、個人問わずだれでも購入・取得できますが、最大限のメリットを得るためには、質の高いドメイン選びや利用方法を正しく理解している必要があります。

また、中古ドメインを使うべきかどうかは、新しく作るWebサイトの目的や今後の運営方針によっても異なるため、新規ドメインで運用する場合とどう違うかも理解した上で、検討することが大事です。

中古ドメインを使う前に知っておくべきこと

この後解説していきますが、中古ドメインはSEO上現段階ではメリットのある打ち手ではあります。

一方で、それはGoogle等の検索エンジンのアルゴリズムをハックしているものであり、長期的にはこのメリットは失われていく可能性が高いものです。

最もメジャーな検索エンジンであるGoogleは「ユーザーの悩みを解決するコンテンツ・サイト」の順位を向上させることを通して検索体験を良くしていくことを求めています。

そうした中で使われる外部リンクやドメインパワーといった概念をいわば悪用しているのが中古ドメインなのです。

また、過去炎上していたなどの可能性もあり、法人が利用するにはリスクがかなり高いものでもあります。

そうした前提を理解した上で、利用するべきか検討してください。

中古ドメインのメリット

中古ドメインには、以下のメリットがあります。上手に活用すればアクセス数や順位に良い影響を与えることができます。

過去に獲得された被リンクを活かすことができる

取得した中古ドメインが既に被リンクを獲得している場合、その評価は引き継ぐことができます。

被リンクはサイトを上位表示するための重要な要素となるため、最初から被リンクがついている中古ドメインを使うことで、短期間で上位表示しやすいサイトを作ることができます。

ただし、被リンクの質が悪かったり被リンク数が少ない場合は、思うように上位表示されない場合もあります。また質の悪い被リンクがついているドメインの場合は手動ペナルティを受ける可能性もありますので、取得前に被リンク調査は必ず行うようにしましょう。

また、このリンクはそもそも前の運用時に設置されたものであり、新たに中古ドメインで立ち上げたサイトについたものではありません。リンク獲得の評価はドメイン単位で行われるため、サイト運営元が違ってもドメインが同じならばGoogleが誤認して判断しているということを意識しましょう。

インデックス・順位評価されるスピードが早い

中古ドメインは、新規ドメインと比較して検索エンジンにインデックスや順位評価されるスピードが早いです。過去既に運用されているドメインであることから、Googleのクローラーが認識済みであったり、インデックスの経験があるためです。

スピード感を持ってサイトを伸ばしたい場合や、期間限定で運用するWebサイトなのであれば中古ドメインを使うことで期待していた結果を得られる可能性が高いです。

中古ドメインのデメリット

良い影響を引き継げばメリットも大きいのですが、デメリットも多くあります。サイト評価が大きく下がったりと運営自体に大きな悪影響を与える可能性もあるため、理解した上で利用を検討する必要があります。

過去の運用評価の影響を受けやすい

中古ドメインは、良くも悪くも過去の運用評価の影響を受けやすいです。取得した中古ドメインが、過去にGoogleからペナルティを受けていた場合、上位表示は困難になります

検索結果上位に表示されるためには、被リンク数だけでなく、「どんな情報が書かれたサイトか」なども判断基準となります。

例えば、過去の運用履歴が

  • アダルトなどのジャンルで運用されていた
  • 質の低い(悪影響を与える)コンテンツ
  • サイト運営者やジャンルが頻繁に変わっている

このようなサイトの場合、上位表示が難しい傾向にあります。

過去の運営履歴は無料ツール「Way back machine」(https://web.archive.org)というツールを使えば確認可能ですので、必ず実施しましょう。

ブランド面での毀損

過去、アダルトや犯罪などの目的のサイトとして用いられていた場合、関連するサイトからリンクが設置されている場合があります。そうしたサイトから悪評とともにリンクされていることが広まってしまうと、実際は前の運用者の瑕疵であるのに、自分たちへの悪評となる場合があります。

SEO観点だけでなく、ブランド観点での確認も必ず行いましょう。

中古ドメインはどういった場合に使うべき?

このようにリスクが大きいですが、それでも中古ドメインを使うパターンで多いのは「短期間でとにかく順位を上げたい場合」です。

アフィリエイトサイトなどを立ち上げ、短期でのマネタイズを狙う場合に、地道にサイトを育てるのではなく中古ドメインに飛びつくパターンを多く見ます。

SEOはコンテンツやサイトを長期間かけて増やし、ユーザーからの信頼を得ていくことが長期的に成功するために必須です。中古ドメインを使うことで1年間など短期ではメリットがあるかもですが、長期では割に合わないことがほとんどです。

総括:中古ドメインに飛びつくべきでない

「中古ドメインなら簡単にSEO成果を得られる」などの言説を見ることも多いですが、実際はリスクも多く、成果を得られないことも多い打ち手です。

「半年間アフィリエイトで伸ばし、その後サイトはクローズする。ブランド面での毀損は気にしない」などといったかなり限定的な状況でしか効果を発揮しえないでしょう。

SEOに飛び道具はありません。ユーザーからの信頼を積み上げていくことが最適な打ち手です。 

著者プロフィール

編集部
編集部
tkSEOでは、匿名希望ライターの執筆記事や寄稿記事も公開しています。公開前には編集部内で必ず内容確認を行い、事実誤認等がないように進めています。
SEOやWebマーケティング関連の執筆をいただける方はぜひお問い合わせフォームよりご連絡ください。